【フォーカス】アサヒグループHD/国際要員の育成制度 1年半、海外勤務で実務学ぶ

2017.03.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

将来の駐在員候補に 部署関係なく立候補可

 アサヒビール㈱を中核とするグループの経営戦略・経営管理を担うアサヒグループホールディングス㈱は、グローバル人材の育成ピッチを上げるため、グループ全体で独自の「グローバル・チャレンジャーズ・プログラム=GCP」制度を導入している。立候補制で、所属部署などにかかわらずトライできる。1年半、海外勤務をすることで将来の駐在員候補とする。選抜の際は語学力はもちろん、ストレス耐性や柔軟性なども確認。海外派遣後は、現地で実務のイロハを学ぶ。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月27日第3106号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ