災害の減少に向けて 「3か月運動」開始 山形労働局

2021.08.19 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山形労働局(小森則行局長)は10月1日~12月31日までの3カ月間、「山形ゼロ災3か月運動・2021」を実施する。令和2年の休業4日以上の死傷者が1190人で前年比5.1%増加しており、引き続き感染症予防対策も必要なことから集中的な取組みを行うもの。

 参加事業場は「経営トップの職場巡視」「安全大会または研修会の開催」「危険箇所マップの作成などの転倒防止対策」「災害事例を活用した再発防止措置などの実施」など1つ以上行うこととしている。

 参加を申し込んだ事業場には、参加シールを交付。また、積極的に安全衛生活動に取り組んでいるとして、同労働局のホームページに事業場名を公表する。参加募集期間は、9月30日までとなっている。

2021年8月15日第2384号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ