社保未加入問題で意見交換 第31回全国交流会議開く 労研

2012.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設労務安全研究会は11月2日、鉄鋼会館(東京・中央区)で第31回全国労研交流会議を開いた。挨拶で加藤正勝東京労研理事長は「災害の増加はもとより社会保険の未加入、若者の入職率の低さ、離職率の高さなど建設業はいろいろな問題を抱えている。一つひとつ、皆さんと解決していかなければならない」と課題解決に向けて意欲的に取り組むこととした。

 同会議では、社会保険の加入指導について状況報告が行われた。問題の重要性を再認識するとともに、今後は共同で取り組んでいくとしている。また、大阪労研が「施工計画作成の着眼点について」と題し届出のための資料を作成するなどの成果発表が行われた。

関連キーワード:
平成24年12月1日第2175号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。