「隠れた開口部」が危険 ごみに混じった硫酸飛散も がれき処理特有の災害を分析 安衛研

2012.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (独)労働安全衛生総合研究所は、東日本大震災の復旧・復興工事中に発生した労働災害を分析した。復旧工事特有の作業となる「がれき処理」では、半年間に17人が被災。ゴミで隠れた開口部に気づかず転落する、泥のなかに釘が隠れていて踏み抜く、がれきの中に混入していた硫酸で被災するなど、従来型の災害とは異なり、足元が分からない状態での作業から災害につながるという特徴が明らかになっている。また、墜落・転落災害は、高所からではなくダンプの荷台から転落する事案が目立っている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月1日第2161号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。