誇りの持てる職場へ 従業員の意見否定せず 横浜商議所

2017.03.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川・横浜商工会議所(上野孝会頭)は、新幹線の清掃を行う㈱JR東日本テクノハートTESSEIの元おもてなし創造部長の矢部輝夫氏を招き、やる気ある職場づくりに関するセミナーを開催した=写真

 矢部氏は、かつて“3K現場”と呼ばれ定着率も低かった同社を立て直した手法を解説。従業員が誇りを持って働ける現場をめざし、「清潔でさわやかな空間を創り上げ、“思い出”を持ち帰ってもらう」仕事と再定義した。達成に向け、従業員の建設的な意見を否定せずやらせたり、お互いに良い点を認め合う制度を導入したと述べている。

ジャンル:
平成29年3月20日第3105号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ