積極的傾聴通じてメンヘル対策学ぶ 東京・青梅労基署

2012.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・青梅労働基準監督署(古屋希子署長)は1月20日、羽村市生涯学習センターで「メンタルヘルス対策講習会」を開催した。職場でメンタルヘルス対策の必要性は理解しているが、取組み方が難しいとする事業場に対して分りやすい内容で実施された。

 当日は、中災防健康快適推進部研修支援センターの伊禮敦子支援課長が具体的対策を解説。積極的に相手の話を聴く「アクティブリスニング」の体験演習が行われ、参加者はノウハウを習得していた(写真)。

平成24年2月15日第2156号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。