初動と事業継続の2様式公開中 日整連・BCP対策

2021.06.30 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)は、自動車整備事業者向けのBCP(事業継続計画)のテンプレートを作成し、ホームページ上で一般に広く公開している。2種類(初動、事業継続)のマニュアルは、個々の対策を担う役職・組織、避難場所などを記入すれば、すぐにでも活用可能なものとなっている。

 日整連HPでは、“速成版”のつくり方を教える動画も視聴できる。事業所内で壁に貼り付けて使えるBCPシートの様式も用意した。

 各種テンプレートについては、2019年秋から策定作業に取り組み、各県振興会の会員企業などにもヒアリングしたうえでまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、パンデミック(感染症の世界的流行)の発生も想定した内容としている。

令和3年7月5日第3311号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ