コロナ禍で過重労働 中小へ相談・訪問支援を 過労死防止協議会が大綱案公表

2021.06.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 過労死等防止対策推進協議会は、「過労死等の防止のための対策に関する大綱(案)」を公表した。コロナ禍に伴う人手不足などによる過重労働に警鐘を鳴らすとともに、テレワークなど働き方が多様化する中でのメンタルヘルス対策の重要性などを指摘した。国の重点対策では、長時間労働が行われているにもかかわらず、勤務間インターバル制度やメンタルヘルス対策が進んでいない中小企業を対象に、働き方改革推進支援センターなどの相談対応・訪問支援といった取組みを推進するとした。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年7月1日第2381号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ