県挙げて登録拡大へ CCUS特別部会を新設 群馬建協

2021.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 群馬県建設業協会(青柳剛会長)は、技能者の就業履歴や保有資格を業界統一で管理する建設キャリアアップシステム(CCUS)普及のため、「人材確保・キャリアアップシステム推進特別部会」を設置する。各支部から部会員となる企業を選定し、全県で登録拡大をめざす。

 同協会ではこれまで、沼田支部が登録料の支援などを実施して全会員21社のCCUS登録につなげるなど、普及を広げてきた。登録済みの企業では、各技能者の登録も進めている。今後は特別部会を通じて、支部ごとの支援策を講じていく。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年6月28日第3310号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ