製造業の安全対策で官民共同 厚労省などが協議会新設

2017.03.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省、経済産業省、中央労働災害防止協会と主要製造業の経営層は、重篤な労働災害の増加に対処するため、共同して「製造業安全対策官民協議会」を新たに設立した。同協議会では、①安全に関する事業環境変化の分析と共有、②既存の取組みの評価と改善、③新たな取組みの検討、④検討成果の全国発信――などを主な活動内容としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月20日第3105号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ