【スポット】「under100」を目標に 災害減少へプロジェクト推進 栃木・鹿沼労基署 災防団体と連絡会議開く

2021.04.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 栃木・鹿沼労働基準監督署は3月19日、労働災害防止団体を集めた連絡会議を開催した。「under100推進プロジェクト2021」のキックオフを宣言するとともに、対策を推進するうえでの課題などを意見交換を行った。管内では3年連続で労働災害が増加し、昨年は140件が発生している。プロジェクトでは労働災害100件未満を目標に掲げ、事業場の取組みを促していく。

休業災害が3年連続で増加

 連絡会議には鹿沼労働基準協会や建災防鹿沼分会、陸災防鹿沼支部など11団体が参加。労働災害減少へ向けた「under100推進プロジェクト2021」の取組みについて確認するとともに、対策推進に当たっての課題など意見を交わした。陸災防からは、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年5月1日第2377号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ