パタハラ訴訟 アシックスと労働者が和解 労組・声明

2021.04.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大手スポーツ用品メーカーの㈱アシックス(兵庫県神戸市、尾山基代表取締役会長CEO)で働く男性労働者が、育児休業からの復帰直後に子会社へ出向させられたなどと訴えた事件で、和解が成立した。労働者を支援する労働組合が声明で明かした。和解内容は非公表としている。

 訴状などによると、労働者は平成28年6月15日に、第1子の育児休業から復帰したが、翌7月に子会社への出向を命じられた。10月に出向は解除されたが、その後も過小な仕事しか与えられなかったという。

令和3年4月19日第3301号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ