女性支援でPT設置 三原副大臣がリーダーに 厚労省・PR積極化へ

2021.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大による女性の雇用への影響がとくに深刻化していることを踏まえ、三原じゅん子厚生労働副大臣をチームリーダーとするプロジェクトチーム(PT)を設置した。就労などに困難を抱える女性に必要な支援が十分に行き渡るよう広報活動などの取組みを積極化する構えだ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年3月8日第3296号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ