7カ国語で「安全」を訴える 外国人就労者向けに啓発ポスター 日造協

2017.02.22 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本造船協力事業者団体連合会(日造協)は、外国人就労者向けに安全意識啓発ポスターを作成し、会員企業に約1000枚を配布した。造船業の現場では、近年、外国人労働者が増加し災害防止対策が課題になっている。

 ポスターは、日本語が分からない外国人就労者のため視覚により、安全を意識できるよう構成されているのがポイント。日本語、中国語、ベトナム語、タガログ語、タイ語、インドネシア語、ポルトガル語の7カ国語で「安全」という言葉を表記している。

 問い合わせ先は(一社)日本造船協力事業者団体連合会業務部TEL:03-5510-3161。

関連キーワード:
平成29年2月15日第2276号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ