転倒災害防止へ 商業施設でPR 栃木労働局

2015.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 栃木労働局(堀江雅和局長)は、各災防団体などで構成する「STOP!転倒災害プロジェクト2015」推進パトロール隊とともに大型商業施設で災害防止のPR活動を展開した=写真

 転倒災害がとくに多い第三次産業に対する意識啓発を行うためで、集客の多い大型商業施設・FKDインターパーク店に協力を依頼した。同施設内で働く従業員に転倒災害防止に関するリーフレットなどを配布している。

 同プロジェクト推進パトロール隊は、今後12月までに県内の製造業、建設業、運送業、林業、第三次産業の事業場を巡視する予定だという。

平成27年8月15日第2240号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ