引上げ改定企業 5割弱へ大幅減 岐阜県・賃上げ調査

2021.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 岐阜県の外郭団体である公益財団法人岐阜県産業経済振興センターの調査によると、令和2年度に1人当たりの賃金を引き上げた企業の割合は48.5%で、前年比で17.7ポイント減と大幅に低下したことが明らかになった。規模別では従業員300人以上で86.4%、100~299人では71.0%の企業が引き上げていたが、1~19人では36.5%だった。引上げの方法については、4社に3社が定期昇給によると回答し、ベースアップを実施した割合は約3割に留まっている。

 調査は例年、景況調査の10~12月期分と併せて行っているもの。中小規模を中心として同県内の1000社に実施し、570社(うち300人以上22社)から得た回答を集計した。

関連キーワード:
令和3年2月1日第3291号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ