【今週の視点】過労死防止の実効性は?

2017.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

指針になった46通達 拘束力なく曖昧部分も

 通称46(ヨンロク)通達を廃止してガイドラインに衣替えした厚生労働省。事業者に労働時間の把握を適正に行わせるための指導根拠だが、拘束力がなく実効性には疑問符が付く。労働時間概念の新設や、自己申告制の運用法も従来より細かく記述しているが、曖昧な定めの部分も気になる。確認的に一読を勧めたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月20日第3101号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ