『ピックアップ調査資料』の連載記事

2024.02.29 【労働新聞】
【ピックアップ調査資料】企業の賃金決定に係る調査(JILPT) NEW

価格転嫁で賞与増額か  調査は2021~22年の賃上げについて、全国の従業員数30人以上の企業1万社に尋ねている。有効回収数は2530件だった。  9割の企業が2年連続で、何らかの賃上げを実施している。22年は「定期昇給」の実施企業割合が76.0%と最も多く、「非正規雇用者・パート労働者の昇給」が49.0%、「賞与(一時金)の増額」が39……[続きを読む]

2024.02.22 【労働新聞】
【ピックアップ調査資料】第3回企業行動憲章に関するアンケート結果(経団連)

多様な人材活躍重視へ  調査は、経団連の会員企業を対象に昨年8~9月に実施し、286社から回答を得た。  企業行動憲章とは、会員企業の行動原則をまとめたもの。調査では、憲章実践のための具体的な取組み方針を示した「実行の手引」の各項目について、「過去3年程度を振り返ってとくに強化した取組み」と「今後3年程度を見据えてとくに強化する取組み」を……[続きを読む]

2024.02.15 【労働新聞】
【ピックアップ調査資料】派遣社員WEBアンケート調査(日本人材派遣協会)

首都圏では時給72円増  調査は昨年9~11月に、現在派遣で働いている人と過去3年未満の間に働いていたことがある人、計1932人を対象に行った。  賃金形態はほぼ全員が時給制と答えており、東京都・大阪府・愛知県では、「時給1500~1750円未満」で働く人材が最も多い。派遣就業での主業務経験期間が3年未満・3年以上ともに4割超が該当する。……[続きを読む]

2024.02.08 【労働新聞】
【ピックアップ調査資料】高度プロフェッショナル制度の適用労働者アンケート調査(JILPT)

「働く時間が長い」7割  高度プロフェッショナル制度の全適用労働者572人を対象に調査し、254人から回答を得た。  適用労働者の性別は、男性82.3%、女性16.9%となっている。年齢は、30歳代が45.7%と半数弱を占める。次いで、20歳代が22.4%、40歳代が19.7%、50歳代が11.0%、60歳代以上が1.2%と続いている。……[続きを読む]

2024.02.01 【労働新聞】
【ピックアップ調査資料】トップマネジメント意識調査2023(日本能率協会)

法知識習得不足悔やむ  調査は昨年6~10月に、役員・経営幹部向け研修プログラムの受講者324人を対象に行った。  これまでに経営者となるためのトレーニングを受けたことがあるかどうか尋ねたところ、「受けてきた」との回答が約5割を占めた。昨年度から1割以上増加している。  受けたことのあるトレーニングの内容としては「社外研修」が57.2%と……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。