【統計資料】令和元年労働災害発生状況確定値(厚労省)

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

死亡災害の発生状況

 平成31年1月1日から令和元年12月31日までの労働災害による死亡者数(以下「死亡者数」という)は845人(前年比64人・7.0%減、平成29年比133人・13.6%減)と2年連続で過去最少となった。休業4日以上の死傷者数(以下「死傷者数」という)は12万5611人(前年比1718人・1.3%減、平成29年比5151人・4.3%増)となった。労働災害を減少させるために国や事業者、労働者などが重点的に取り組む事項を定めた中期計画である「第13次労働災害防止計画」(以下「13次防」という)(平成30年度~令和4年度)では、死亡者数を平成29年と比較して、令和4年までに15%以上減少させること、死傷者数を平成29年と比較して、令和4年までに5%以上減少させることを目標としている。死亡者数は、同計画の目標達成に向け着実に減少しているが、死傷者数は、平成29年と比較すると未だ多くの業種で増加する結果となった。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ