【通達クリップ注目の1本】過労死等の対策大綱に基づく対策の推進

2015.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

50人未満に無料の面接指導

 過労死対策を引き起こす長時間労働や過重労働による健康障害の防止に関して、都道府県労働局の対策の進め方が示されました。50人未満の事業場に対しては、地域産業保健センターで、無料で面接指導を実施することができ、利用を勧奨するとしています。過労死を発生させた事業場に対しては、再発防止のため徹底して指導する方針です。

「過労死等の防止のための対策に関する大綱」に基づく対策の推進について(平27・7・24基発0724第2号)

1 過労死等防止のための対策の基本的考え方

(1)過労死等防止は喫緊の課題であることから、…3に示すところにより対策に取り組むこと。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月1日第2241号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ