【送検事例】フォークの許容荷重超えて使用

2015.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉・船橋労働基準監督署は、フォークリフトの許容荷重を超えて使用したとして、機械修理業の個人事業主を安衛法違反の疑いで、千葉地検に書類送検した。鉄鋼工場構内で、最大荷重2tのフォークリフトを使用して、約2.35tの鋼管の束荷の運搬作業を行ったもの。このため、フォークリフトが前方に傾いて束荷が落下し、そばにいた労働者が荷の下敷きになり、右下腿部を切断した。(H27・7・2)

事件の概要

 機械修理業者である個人事業者は、震災の影響ででこぼこになった鉄鋼工場の床を直そうとしていた。個人事業者は、最大荷重2tのフォークリフトを使用して、修理のための材料である、鋼管の荷束約2.35t(角型パイプ縦横60mm×長さ5.8m、74本)の運搬作業を行った。

 鋼材はクレーンを使って乗せたが、しなるためフォークリフトのツメを約2m上げていたという。乗せたときに後部が浮き上がり、個人事業主は「まずい」と思ったが…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年8月15日第2240号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ