【走れ!安全くん】第52話 落語家が現場を見たいって

2013.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

【前回のあらすじ】今年の安全大会を盛り上げたい畠山は悩んでいた。行き詰った畠山、安全くん、石見くんの3人は〝安全の神様〟の安岡のもとを訪ねる。安岡は以前ゼネコンの講演で呼ばれたときに安全落語を聴いたことを思い出し、それを畠山らに勧めた。石見くんがインターネットで調べ、横で見ていた安全くんが「安全亭幸福」なる人物を探し出したのだが…。…

画・松沢秀和

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年5月15日第2186号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ