【走れ!安全くん】第48話 作業者自ら理解する指差呼称を

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

【前回のあらすじ】ベテラン作業者たちの1人KYリーダーの実践に入った。畠山はテーブルを運ばせることで、指差呼称の重要性をまさに実践で理解させることに成功した。だが、いざとなると恥ずかしさが前面に出てきて、人前で行うことをためらってしまう。その様子を見て、畠山はみんなで行う指差唱和に切り換えて1人KYリーダーたちの連帯感を育むのだった。…

画・松沢秀和

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ