【送検事例】石綿除去で作業届が未提出

2017.06.27 【安全スタッフ】

 島根・出雲労働基準監督署は、石綿除去作業を行うに当たり、作業届を提出していなかったとして、解体工事会社と同社取締役を安衛法違反の疑いで松江地検に書類送検した。同社は、平成28年12月21~23日までの間、大田市内の解体工事現場で石綿の除去作業を行っていた。同月末に保健所から「石綿を使った建物が解体されている」と同労基署に通報があり、事件が発覚した。(H29・6・2)…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年7月1日第2285号

あわせて読みたい

ページトップ