string(61) "/news/news_tag/%E9%9B%87%E5%85%A5%E6%99%82%E6%95%99%E8%82%B2/"
string(8) "news_tag"

『雇入時教育』の労働関連ニュース

2018.06.01【安全スタッフ】
【特集2】生活までマンツーマン指導 外国人技能実習生の安全教育 社内に「ベトナム委員会」設置 橋爪建設

 近年、建設業は人手不足に陥っており、外国人技能実習生を受け入れている企業が少なくない。鉄骨工事、重量物据付工事を行っている橋爪建設㈱(横浜市港南区)ではベトナム人の技能実習生を受け入れており、日本で安全に働くことができるよう、現場入場後も継続的に教育を実施。同社は社内で「ベトナム委員会」と呼ぶ活動を行っており、工事長が技能実習生にマンツ……[続きを読む]

日本語を学ぶ技能実習生
2018.05.14【安全スタッフ】
未熟練者向けに教材 製造業への対策強める 厚労省・4カ国語版提供へ

 厚生労働省は、就業3年未満の労働者の労働災害が多い製造業、陸上貨物運送業、商業の3業種について、外国人労働者向けの「未熟練労働者に対する安全衛生マニュアル」(外国語版)の提供をスタートさせる。新たに作成した特設サイトを通じて企業の担当者が教育現場で活用できるマニュアルを配布するもの。対応言語は、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語の4……[続きを読む]

2017.02.17【安全スタッフ】
【特集1】ルール違反を写真で説明 職人自らがモデル演じ 視覚に訴える新規入場者教育 鉄建建設東京支店 馬込建築作業所の活動から

 鉄建建設㈱東京支店の馬込建築作業所では、新規入場する作業者に、視覚に訴えかける教育で意識づけを行った。職人自らがモデルとなって保護具の未着用などのルール違反を演じ、現場で撮影した写真を見せながら落下物や重機との接触への注意を説明することで理解促進を狙った。昨年末に竣工した同現場が講じた安全管理の工夫の一部を紹介する。……[続きを読む]

2016.05.07【安全スタッフ】
未熟練者の習得度合い把握 中小製造業で被災割合が増加 厚労省が手引き 安全作業へ自己診断表を示す

 厚生労働省は、中小製造業向けに「未熟練労働者に対する安全衛生教育マニュアル」を作成した。作業に不慣れで危険の認識が低い未熟練労働者に対して安全衛生担当者や講師が行う、雇入れ時などの安全衛生教育のノウハウを助言したもの。1回の安全衛生教育だけでは安全な作業の習得は難しいとの観点から、雇入れ時だけにとどまらず、1週間後、1カ月後、3カ月後ご……[続きを読む]

2014.05.15【安全スタッフ】
【特集2】平成26年度地方労働局の重点施策 建設業をターゲットに

東京労働局 五輪工事ラッシュに対応 大阪労働局は「ゼロ災」運動で気運高める 全国の労働局が平成26年度の重点対策をまとめた。景気回復の動きが広がるなか、増加する建設工事の労働災害防止が重点事項だ。オリンピック開催に向けた工事増での災害を懸念する東京労働局では、発注者、建設業者、行政が調整の場を設置する。さらに全国的な人手不足にあるなか、新……[続きを読む]

昨年開催した東京労働局の新規入職者講習の様子。講習の内容は、動画配信サイト(YouTube)上で誰でも観ることができる。http://www.youtube.
com/user/safeworktokyo/videosにリンクします。

年月アーカイブ

ページトップ