『違法派遣』の労働関連ニュース

2020.12.03 【労働新聞】
違法派遣2年分を刑事告発 4社へ延べ4000人日 無許可かつ禁止業務にも 香川労働局

 香川労働局(本間之輝局長)は、許可を得ないまま約2年間、労働者派遣事業を行ったうえ、禁止されている建設業務への派遣を実施したとして、建設業の㈱匠(香川県丸亀市)と同社代表取締役を労働者派遣法第4条(禁止業務への労働者派遣)違反などの疑いで香川県丸亀警察署に刑事告発した。無許可派遣と禁止業務派遣は合わせて4千人日に上っている。8年前にも同……[続きを読む]

2020.08.31 【労働新聞】
200人を1年半無許可派遣 刑事告発から送検に 群馬労働局

確認怠った派遣先も指導  群馬労働局(丸山陽一局長)は、無許可であるにもかかわらず自社で雇用する労働者約200人を1年半にわたり派遣していたとして、㈱マイスタッフ(同県太田市〈当時〉)と同社代表取締役を、労働者派遣法第5条(労働者派遣事業の許可)違反の疑いで刑事告発したことを明らかにした。同県太田警察署による書類送検を経て、公表している。……[続きを読む]

2020.07.02 【労働新聞】
契約申込みみなし制度 3年間で458件指導 直雇用化は22件把握 厚労省

対象違反条項の拡大検討  厚生労働省は、労働者派遣における「労働契約申込みみなし制度」の運用状況を明らかにした。過去3年間で458件の行政指導を行ったほか、把握しているだけで少なくても22件が派遣先において直接雇用となった。「無許可派遣」や「偽装請負」に関する違反事例が多数を占めている。派遣労働者の同制度の認知度が10%に満たない実態も判……[続きを読む]

2020.03.12 【労働新聞】
派遣元へ事業停止命令 違法な労働者供給で 東京労働局

125人を受け入れ、送り込む  東京労働局(土田浩史局長)は、職業安定法で禁止されている労働者供給事業で受け入れた人材を雇用し、さらに別の企業へ労働者供給を行った派遣元事業主の㈱ティスメ(大阪府大阪市)に対し、労働者派遣法に基づく事業停止命令と改善命令を行った。同社は、派遣・有料職業紹介事業の許可がない会社と支配従属関係にある者125人を……[続きを読む]

2019.04.10 【労働新聞】
事業停止命令を無視 6カ月間の長期処分 大阪労働局

 大阪労働局(井上真局長)は、事業停止期間中に労働者派遣をしたとして、労働者派遣事業の許可事業主の㈱キャリアシップ(大阪府大阪市、入山洋和代表取締役)に6カ月の事業停止を命じた。期間は3月21日~9月20日まで。  同社は静岡県内の工場に対し、二重派遣による労働者供給を行ったことで、昨年3月29日に2カ月間の事業停止を命じられた(本紙平成……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ