『週休2日制』の労働関連ニュース

2019.08.06 【労働新聞】
課題は労務単価引上げ 週休2日で建設業調査 北海道

 週休2日の本格導入は環境整備がされてから――北海道は、週休2日モデル工事アンケート調査結果をまとめた。建設現場で週休2日を実施していくのに当たり北海道では、問題点を把握するためモデル工事を実施している。アンケートでは、318工事に意見や課題を聞いた。  建設現場に週休2日制を本格導入する時期を聞いたところ「労務単価の引上げ等、導入環境が……[続きを読む]

2019.06.26 【労働新聞】
4週8休めざし 推進運動を展開 全建・事業計画

 全国建設業協会(近藤晴貞会長)は、令和元年度の事業計画をまとめた。職場環境の整備に向けて、昨年から始めた「休日 月1+(ツキイチプラス)」運動を強力に推進する。  同運動は、月に1回休日を設定することからはじめ徐々に休日を増やし、最終的には4週8休をめざすというもの。時間外労働の罰則付き上限規制は、…[続きを読む]

2019.06.20 【労働新聞】
建設業 担い手確保へ3法改正 社保加入が許可要件 法案成立

著しく短い工期禁止に   建設業における働き方改革の促進や生産性などを目的とした建設業法および公共工事入札契約適正化法一括改正案と公共工事品質確保法改正案が今通常国会で可決、成立した。「新・担い手3法」と位置付けられている。改正建設業法では、建設業許可の基準を見直して社会保険への加入を要件化したほか、工期の適正化をめざし、著しく短い工期に……[続きを読む]

2019.06.06 【労働新聞】
入札見直しが有効 建設業のビジョン策定 静岡県

 静岡県は「静岡県建設産業ビジョン2019」を策定した。同県の建設業は、高齢化が進む一方、若年者の入職が少ないことから将来的に社会資本の担い手不足が懸念されている。さらに、働き方改革関連法の速やかな対応が求められているところ。  このため、建設業で働き方改革を促すアプローチとして入札・契約制度の見直しや改善が有効と指摘。週休二日を条件とし……[続きを読む]

2018.11.30 【安全スタッフ】
建設業の週休二日推進へ特設ページ 日建連

 (一社)日本建設業連合会は、建設業の「週休二日」を後押しするため、このほど同会ホームページに特設ページを新設した。「すべての現場を、週休二日に。」と明記したロゴマーク・グッズや、ポスターなどを紹介している。ロゴマークのデータは、ダウンロードして現場で活用することが可能で、ロゴマークの使用方法に関するマニュアルも整備している。 同会は、建……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ