『自然災害』の労働関連ニュース

2021.07.15 【労働新聞】
天災対応 定期的に従業員訓練実施 帰宅抑制で事例集 東京都

初期行動を「カード」へ  備蓄を分散管理し、従業員の訓練を実施――東京都は、地震などの自然災害発生時における社員の帰宅抑制に積極的に取り組む企業の事例集を作成した。平成30年度に創設した「一斉帰宅抑制推進企業認定制度」の認定企業の取組みをまとめたもの。3日分の備蓄品を廊下やロッカーなどの空きスペースに分散して管理したり、緊急時に慌てずに行……[続きを読む]

2021.06.07 【労働新聞】
BCP策定済は3割 感染症想定が半数に 東商調査

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が会員企業に実施した防災対策に関するアンケート調査で、BCP(事業継続計画)を策定済みの企業が3割に留まっていることが分かった。まだ策定していない企業では、手順をまとめたマニュアルや業種・規模に応じた作成例を求めているケースが多い。  調査は今年3~4月、1万2185社を対象に実施し、1239社の回答を集計……[続きを読む]

2021.01.13 【安全スタッフ】
【特集1】遠隔操作で安全を確保 AIの運行管理が車両衝突防ぐ オペ育成に無人化施工VR技術も/㈱熊谷組

 台風・豪雨や地震による被害の復旧工事では、土砂崩壊など二次災害の危険が高く、作業員の安全を守るために遠隔操作による無人化施工が行われている。長年、無人化技術の開発に取り組んできた㈱熊谷組では、遠隔操作のバックホウとAI制御による不整地運搬車によって、安全性・生産性を高め、オペレーターの負担軽減を図る。オペレーターの養成では、重機の傾きや……[続きを読む]

2020.10.29 【安全スタッフ】
自然災害が激化 労災対策徹底を 建災防大会

 建設業労働災害防止協会は、「第57回全国建設業労働災害防止大会in仙台」のweb大会を開催した。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、当初の仙台市での開催を変更して初のオンライン開催となった。建災防ホームページ上で会長挨拶、祝辞、安全の誓い、各種専門部会の発表論文の概要などを公開している。  今年6月に新たに就任した今井雅則会長(戸田……[続きを読む]

2020.09.29 【労働新聞】
災害避難想定の特例子会社表彰 厚労省

 厚生労働省は9月15日、令和2年度「障害者雇用優良事業所等」の表彰式を東京都内で開催した。職場改善好事例の厚生労働大臣賞には、㈱ニッセイ・ニュークリエーション(大阪府大阪市)が選ばれている=写真。  日本生命の特例子会社である同社は、災害発生を想定したプロジェクトチームを社内に立ち上げ、自力での避難を可能とするよう検討および職場環境の改……[続きを読む]

ページトップ