『職長』の労働関連ニュース

2020.10.14 【労働新聞】
職長教育の講師向けウェブ講座 中災防

 中央労働災害防止協会は、製造業における「職長」の能力向上教育を促進するため、講師を務める社内担当者向けオンライン講座の無料配信を開始した。今年3月に策定した教育カリキュラムの概要や具体的な教育内容を体系的にまとめるとともに、指導時のポイントを解説している。能力向上教育を担う人材の養成を通じて、職長を軸とした現場の安全衛生管理の強化を図る……[続きを読む]

2020.06.25 【労働新聞】
建設技能者 能力に応じた処遇促進 標準見積書の改定で 国交省

職長手当を別枠計上へ  国土交通省は、建設技能者のレベルに応じた適切な賃金支払いを促進するため、職種ごとの標準見積書の改定に乗り出す。技能レベルに応じて設定した「賃金目安」に基づいた賃金を下請企業が支払えるよう、標準見積書では職長手当を別枠計上するなどして、適正な労務費を元請に提示できる仕様に改める。今後、目安を設定済みの7職種を対象にワ……[続きを読む]

2020.05.13 【労働新聞】
職長の安全教育推進 製造業向けカリキュラム 中災防

 中央労働災害防止協会は、製造業における職長の能力向上教育のカリキュラムを作成した。部下の育成や情報管理などの役割を果たせるよう、労働災害の予防的な安全衛生管理、リーダーシップや職長の役割・職務の理解といった必須項目のほか、危険予知(KY)活動や4S活動などを選択項目として学べる内容になっている。  製造業の職長については、…[続きを読む]

2020.05.12 【安全スタッフ】
職長の能力向上教育策定 講義と演習360分行う 中災防 製造業で初めて

 中央労働災害防止協会は、製造業における職長の能力向上教育のカリキュラムを策定した。生産現場の「現場力」を支える「安全衛生管理のキーパーソン」として職長に期待される「先取りの安全衛生管理」「情報管理(上司と部下とのパイプ役)」「部下の育成」の3つの役割を、さらにレベルアップさせて果たすことができるようにすることが目的だ。講義とグループ演習……[続きを読む]

2019.12.27 【安全スタッフ】
業務増で手が回らず 監督指導や労災防止に 中災防・製造業の職長アンケート

 中央労働災害防止協会は、製造現場で作業者を直接、指導・監督する「職長」に対する安全衛生教育の実態を把握するため、製造業2000社を対象にアンケート調査を行った。「職長」の業務に関する課題を聞いたところ、「『職長』自身が担当する清算業務や管理業務が増えており、作業員の指導監督や労働災害防止活動に手が回っていない」を挙げる企業が6割を超える……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ