『縫製業』の労働関連ニュース

2020.01.30 【労働新聞】
中国人実習生 日本語通じず36協定無効 縫製業を書類送検 舞鶴労基署

違法残業・賃金不払いで  京都・舞鶴労働基準監督署(小見伸雄署長)は、中国人技能実習生らに対し違法な時間外労働を行わせたうえ、賃金と時間外労働に対する割増賃金を支払わなかったとして、「モードアカリ」(京都府舞鶴市)の屋号で縫製業を営む個人事業主を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)と労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで京都地検舞鶴……[続きを読む]

2019.08.23 【労働新聞】
法令違反が7割に 繊維業は割増不払い多発 厚労省・技能実習企業監督結果

 外国人技能実習生を受け入れている事業場の7割で労働基準関係法令違反が発覚――厚生労働省は、技能実習実施企業に対する平成30年の監督指導結果を取りまとめた。監督実施事業場数を大幅に増やしたところ、法令違反を是正指導した事業場数は前年の4226事業場を1000事業場近く上回り、5000件を超えた。  監督指導は、全国の労働基準監督機関が…[続きを読む]

2019.07.01 【労働新聞】
技能実習生の人権に配慮 「CSR憲章」定める アパレル業界団体

9月にトップセミナーも  一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会(北畑稔理事長)は、健全な職場環境の整備や人権を尊重した経営をめざすことなどを謳った「CSR憲章」を制定した。業界内に一定数在籍する技能実習生の労働問題および人権問題が制定した理由で、半年にわたって検討を進めていた。9月にはトップセミナーを開催し、業界全体のCSRへの……[続きを読む]

2019.01.21 【労働新聞】
監理団体許可取消し 技能実習法施行後で初 法務省・厚労省

 法務省と厚生労働省は、外国人技能実習に関する虚偽の実施記録を提出した監理団体の協同組合クリエイティブ・ネット(民輪聡宏代表理事、兵庫県加西市)について、監理団体の許可を取り消した。出入国・労働に関する法令について不正または著しく不当な行為を行った者として許可の欠格事由に該当したためで、監理団体の許可取消しは、許可取消し制度を盛り込んだ平……[続きを読む]

2018.12.20 【労働新聞】
㈱しまむら 全取引先に法令遵守促す 発注元責任を履行

JAM、連合等の要請に  衣料品大手㈱しまむら(北島常好代表取締役社長)は、取引先企業約400社全てに、労働基準法などの法令を遵守するよう、12月中に通知を完了した。一部の取引先で賃金未払いなど人権侵害まがいの違法行為が行われているのを労働組合に指摘されたのがきっかけだが、サプライチェーン全体のコンプライアンス意識を高めるための、発注元企……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ