『労組』の労働関連ニュース

2019.07.11 【労働新聞】
育児中の退職勧奨で和解 救済申立てを取下げ クスリのアオキ

支配介入防止へ協定書  北陸地方を中心にドラッグストアを展開する㈱クスリのアオキ(石川県白山市)と企業別労働組合のクスリのアオキユニオン、上部団体のUAゼンセンの3者は、東京都労働委員会において和解し、育児中の従業員に対する退職勧奨に端を発する問題に決着を付けた。同社と同労組は、今後において良好な労使関係を構築していくことや、支配介入の防……[続きを読む]

2019.06.04 【労働新聞】
スポーツの魅力 労組から伝える UAゼンセン

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は、労働者の健康増進を図るため、スポーツシンポジウムを開催した(写真)。  基調講演で一般社団法人スポーツフォーライフジャパンの手嶋雅夫代表理事は、社員のモチベーションを高めるコーポレートゲームズの取組みを紹介。部署を越えたコミュニケーション活性化などの効果を伝えた。  続くパネルディスカッションでは、UAゼ……[続きを読む]

2019.05.21 【労働新聞】
賃金債権放棄認められず 労組と合意交わすも 最高裁

経営悪化による不払い分  運送会社が労働組合と合意した賃金債権放棄に基づき、経営悪化で一時的に減額した賃金を支払わなかったことを不服として労働者が訴えた裁判で、最高裁判所第一小法廷(山口厚裁判長)は、労組と会社の間の合意は組合員である労働者に効果が及ばないと判断した。賃金債権を消滅させるためには、労組が労働者の代理をしたなど「合意の効果が……[続きを読む]

2019.05.09 【労働新聞】
個人加盟可能な労組新設 JAM・GUが結成 雇用形態の多様化に対応

 300人未満の中小製造者の労働組合が大半を占める産業別労働組合のJAM(安河内賢弘会長)は、このほど「JAMゼネラルユニオン」(JAM・GU)を結成した。個人で加盟が可能な労働組合で、職場に労働組合をつくりたいという労働者を支援する。非正規労働者、外国人など雇用形態の多様化に対応するとともに、中小企業で働く未組織労働者の「受け皿」として……[続きを読む]

2019.02.22 【労働新聞】
年収の2%改善を 全雇用形態の底上げへ NTT労組の19春闘

 NTT関連企業の労働組合が集うNTT労働組合(喜井広明中央執行委員長)は2月13日、「年間収入の2%」を基本に賃上げを求める19春闘方針を決定した。月例賃金だけでなく、特別手当も含めて「人財への投資」を経営側に訴える。  組合員の生活向上はもとより、会社の成長・発展に寄与している組合員の努力と成果に報いることなどが要求の根拠。今後の事業……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ