『保護具』の労働関連ニュース

2021.06.10 【安全スタッフ】
【特集1】切創防止作業服を製作 グラインダー災害の再発防止へ 着用で安全意識も向上/本田技研工業㈱生産技術統括部 プレス金型製作課 NEW

 本田技研工業㈱生産技術統括部(栃木・芳賀郡)では、グラインダーによる切創災害再発防止の取組みから作業服を改良するアイデアが生まれた。試作と改良を重ね、膝、肘の部分に防刃繊維を縫い込んだ作業服を製作。万が一の場合に切創から身を守ることができ、現場作業を行う人だけでなく職場全体に普及している。安心感とともに安全な作業を心がけようとする意識醸……[続きを読む]

2021.06.10 【安全スタッフ】
【特集2】AI活用による安全衛生管理 画像認識で安全行動を見守る 保護具の着装判定して注意喚起へ/JFEスチール知多製造所 NEW

 JFEスチール㈱知多製造所(愛知県半田市)では、AIによる画像認識を安全行動の見守りに活用している。特定エリアへの人の侵入を判定し、保護具の着用忘れを警告で知らせるシステムの開発に取り組む。 万が一の事態を想定して  JFEスチール㈱知多製造所は、石油や天然ガスの開発などに使われる油井管やラインパイプを始め、水道・ガス管、建材用鋼管、自……[続きを読む]

2021.05.13 【安全スタッフ】
10種類の保護具 動画教材を作成 中災防

 中央労働災害防止協会は、新入社員や異動者などの新入者を対象にした安全衛生動画教材「安全衛生保護具の基礎知識」を作成した。公益社団法人日本保安用品協会の協力を得た。10種類の安全保護具ごとに、選び方、使い方、管理方法などをイラストや映像で解説する内容で、視聴時間は各2~3分程度と短時間で学ぶことができる。パソコンやタブレットだけでなく、ス……[続きを読む]

2021.04.19 【労働新聞】
保護具の使用で教育動画を公開 中災防

 中央労働災害防止協会は、新入社員や異動者など新入者を主なターゲットとした動画教材「安全衛生保護具の基礎知識」を作成し、同協会ホームページで無料公開した。保護帽や墜落制止用器具などの正しい使い方を周知し、労働災害防止につなげる狙い。  動画では、保護具ごとに選び方や使い方、管理方法を解説。各保護具2~3分、全体を30分程度で学べるようにし……[続きを読む]

2020.08.28 【安全スタッフ】
職務に保護具選択追加 ずい道工事の粉じん対策で 厚労省がガイドライン改正

 厚生労働省は、「ずい道等建設工事における粉じん対策に関するガイドライン」を改正した。「ずい道等の掘削等作業主任者の職務」に、粉じん濃度などの測定結果に応じて、労働者に使用させる呼吸用保護具の選択などを追加するもの。設計段階でより粉じん発生量の少ない工法の採用を検討するといった「粉じん発生源に係る措置」や、「粉じん目標濃度レベル」に関する……[続きを読む]

ページトップ