『中企庁』の労働関連ニュース

2019.03.29 【労働新聞】
取引上の配慮を要請 1066業界団体に 厚労省・中企庁

 大企業の働き方改革のしわ寄せ防止へ――厚生労働省と中小企業庁は、働き方改革関連法の順次施行を前に、繁忙期や短納期発注の発生が懸念される業界団体1066団体を対象に、取引上の配慮に関する文書要請を実施した。大企業における時間外労働の上限規制の適用開始を踏まえ、中小企業に対する無理な発注の防止を図る。  要請文書では、現在の中小企業における……[続きを読む]

2019.03.15 【労働新聞】
6割が短納期経験 長時間労働への影響大 中企庁

 中小企業の6割が長時間労働につながる短納期受注を経験していることが、中小企業庁のウェブ調査で明らかになった。製造業で経験している割合がとくに高い。  調査は昨年12月、長時間労働につながる商慣行である「短納期対応」や「繁忙期対応」の実態把握を目的に中小企業7642社に実施し、2537社の回答を集計した。  それによると、…[続きを読む]

2019.02.14 【労働新聞】
中小企業 防災対策促進へ認定制度 税制優遇措置など実施 中企庁

通常国会に法案提出し  中小企業庁は、「中小企業強靭化研究会」の中間取りまとめを行い、自然災害に対する企業の事前防災・減災対策の促進に向けた総合的な取組み(中小企業・小規模事業者強靭化対策パッケージ)を明らかにした。災害時の初動対応の準備など企業の事前対策に対する大臣認定制度を新たに設ける。認定を受けた企業に対しては、設備投資に対する税制……[続きを読む]

2018.12.07 【労働新聞】
BCP推進策など検討 大規模な災害相次ぎ 中企庁

 中小企業庁は、頻発する自然災害に対する企業の事前対策を強化するため、有識者で構成する中小企業強靭化研究会(座長=渡辺研司名古屋工業大学大学院教授)を設置した。BCP(事業継続計画)策定をはじめとした効果的な事前対策の内容や対策を後押しするための施策を検討する。 今年7月の西日本豪雨や台風19~21号、北海道胆振東部地震など、大規模な自然……[続きを読む]

2018.11.29 【労働新聞】
働き方改革へ下請取引改善 振興基準に改正案 中企庁

不利益与える要請禁止 中小企業庁は、下請中小企業の取引環境の改善に向けた下請中小企業振興基準改正案をまとめた。適正なコスト負担を伴わない短納期発注など、下請企業の「働き方改革」を妨げる取引慣行が存在していることから、その是正をめざす。新たに、親事業者において下請事業者の不利益となるような取引・要請を行わないこととするほか、取引条件を理由と……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ