string(97) "/news/news_tag/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/"
string(8) "news_tag"

『コミュニケーション』の労働関連ニュース

2018.05.11【安全スタッフ】
【特集1】リーダー層を核に 安全考動改革 「話込み」通じて本質的な活動へ 東レ㈱千葉工場

歴代工場長の“安全の心”伝える  39年間の無災害が続いている東レ㈱千葉工場では、トップダウンの安全管理とボトムアップの安全活動が融合し、潜在危険の撲滅へ向けた安全活動が続けられている。現場のリーダーである掛長・主任層を核とした安全意識・考動改革では、本音で意見を交わす「話込み」を通じて課題解決に向けた安全活動を考えて実行した。さら……[続きを読む]

2018.04.17【労働新聞】
【フォーカス】エスタシオ/人材育成 フェイスブックを活用

研修への意識向上に 全社員登録し資料共有も ヘア・エステなどのビューティサロンを運営する㈲エスタシオ(東京都杉並区、舟木なみ代表取締役社長、42人)は、全社員が参加する学習会を通じて人材育成に力を入れる。参加する意識を高めつつ議論を深めるため、全社員が「Facebook」に登録し、研修内容や資料の共有化を図る。業務上の疑問点もここでの質疑……[続きを読む]

全社員が参加する学習会は毎月開いている
2018.04.16【労働新聞】
【今週の視点】若手育成は中堅層育成から 職場で裁量度高まる

部下の本音示す手引好評  自社で取り組んだ働き方改革について、大企業が競うようにリリースをしている。柔軟な勤務を可能にする環境は、他方で個人の裁量度を大幅かつ急激に高めざるを得ない。職場のメンバー間で共有する時間が減りかねないなか、若手育成への影響も懸念される。一人前への助走期間を短縮するためには、中堅層の成長が欠かせない。……[続きを読む]

2018.04.06【労働新聞】
契約社員含め9連休実現へ 福井コンピュータHD

 福井コンピュータホールディングス㈱(福井県福井市、林治克代表取締役社長)は、月~金曜日の5日連続で年次有給休暇取得を促す「Week Off制度」を導入した。現在、年平均8~10日の年休取得日数を伸ばしたい考え。  新制度は、契約社員も含む社員500人が対象。年1回、前後の土日と合わせて9連休を取らせることで、社員の心身のリフレッシュを……[続きを読む]

2017.12.05【安全スタッフ】
【特集2】組織の機能不全に対処する・下 心の通い合うチームづくり

 組織の機能不全を解決するためには、改善の意志を持ったチームをつくることが重要とランスタッド㈱EAP総研の川西由美子所長は指摘している。最終章では、フィンランドで開発された技法「リチーミング」を紹介する。チームとしての困り事を吐き出し、危機感として受け止め、どんな影響が出るか話し合うもの。自分たちはどうなりたいのか探り、皆で問題を解決して……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ