ダイバーシティ加速へ専門会議 徳島県

2020.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 徳島県は、多様な人材活躍の理解促進と実現に向けた「第1回ダイバーシティとくしま推進会議」を開催した(写真)。障害者雇用を推進している企業をはじめ、同県中小企業団体中央会や女性協議会、障害者団体など計20団体が参加した。

 同会議では、個人、企業、地域社会がダイバーシティ社会の価値を理解し、理念と方向性を分かりやすく県民に示すための「ダイバーシティとくしま推進方針」の策定に取り組む。第1回会議では、叩き台となる構成案が開示され、女性管理職割合・障害者の平均工賃が全国1位である強みを生かし、県民を挙げて取組みを加速していく方向性が確認された。

令和2年9月21日第3273号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ