現業職の採用枠 当初から50人減 JR九州

2020.09.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 九州旅客鉄道㈱(=JR九州・福岡県福岡市、青柳俊彦代表取締役社長執行役員)は、2021年卒の新規採用計画について、2月当初に予定していた170人から120人へ縮小した。総合職の採用枠35人は維持したまま、鉄道事業で現業に従事する専門職の予定数を135人から85人へ減らす。コロナ禍で急速に経営環境が変化するなか、持続的かつ安定的な事業運営体制を強化するとしている。

 7月以降、交通大手では21年卒採用を修正・中止する動きが相次いでいる。JR西日本では、現業職の採用予定を3月に発表した590人から440人へ修正。採用活動を5月から中断していた航空大手2社(ANA、JAL)も、パイロット訓練生やすでに内定を通知した専門学校生などを除き、採用の中止を決めている。

関連キーワード:
令和2年9月7日第3271号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ