【今週の視点】副業・兼業 受入れ側の管理体制がカギ 割賃負担も増加へ

2020.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

前提は「上乗せで労働」

 ダブルワーカー保護を目的とする改正労災法が令和2年9月1日から施行される。それを踏まえ、「副業・兼業時の労働時間の在り方」に関する議論が進む。労働政策審議会が示した「簡便な管理モデル」では、本業・兼業を区別し、法的責任にも差異を設けた。割増負担を主として負う兼業側は、管理体制の大幅な見直しを求められる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月24日第3269号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ