組織変革視点で要求事項を議論 人事向けイベント

2020.07.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ビジネス会議の運営を行うマーカスエバンズ・ジャパン・リミテッドは、「HR JAPAN Summit 2020」と題したイベントを東京都内で開催した。本紙で「ぶれい考」を執筆するサトーホールディングス㈱の江上茂樹高度専門職グローバル人財開発室長が司会を務めたパネルディスカッションでは、「組織変革から考察する人事部門に求めるもの」を検討した=写真

 江上室長の「組織変革を進める際、日本人の同質性とどのように向き合うか」との問いに、キリンビール㈱の横山昌人常務執行役員生産本部長は「製品が常に同質なものを求められている以上、人の同質性を打破するのは難しい」と本音を打ち明けた。そのうえで、「様ざまな人材を採用して、少数でも尖った人材を見極め育てることでダイバーシティを実現している」と話している。

関連キーワード:
令和2年8月3日第3267号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ