クレーム対応を回避 空港保安検査員の確保へ 国交省

2020.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、空港保安検査員の人材確保・育成に向けて関係業界が取り組むべき項目を取りまとめた。労働環境改善や待遇改善・人材確保、検査能力・効率性の向上などを柱に掲げている。将来的に航空旅客の大幅な増加が見込まれるなか、乗客の利便性と保安検査の確実性の両立につなげるのが狙い。

 保安検査業務の現状をみると、拘束時間が長時間に及ぶうえ、クレーム対応によるストレスも大きいといった労働環境面の課題がある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月18日第3257号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ