妊娠中は一時内勤職に配転 国際自動車

2020.02.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 タクシー・ハイヤー・バス事業の国際自動車㈱(東京都港区、西川洋志代表取締役社長)は、妊娠中の女性社員に対する一時的な配置転換制度を導入した。ドライバーやガイド、整備職の女性社員が、コールセンターや事務職などの内勤職に一時的に移って就労を継続する仕組み。妊娠を理由とした離職の防止対策に位置付けている。

 同社では近年、女性活躍対策に力を入れている。各営業所に女性専用の休憩スペースや洗面台などを設ける取組みも推進中。

令和2年2月24日第3246号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ