電子申請義務化へ 今年4月から大企業で 神奈川労働局・セミナー

2020.01.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局神奈川雇用保険電子申請事務センターは、雇用保険手続きを電子申請で行う「e-Gov電子申請システム」の説明会を事業所を対象に行った(写真)。

 2020年4月以降は、資本金が1億円を超える特定の法人などの社会保険、労働保険に関する一部手続きにおいて電子申請が義務化される。電子申請に必要なものとして、紙媒体で届出をする際の「押印」に相当する「電子証明書」を挙げた。取得方法は発行機関や発行タイプにより特徴が異なる。

 「e-Gov」は行政機関の各種電子申請手続きができる政府のポータルサイト。届出様式の入力と必要な添付書類を合わせ、電子証明を行うことで申請ができる。審査は2~3日で完了する。当日中の対応を希望の場合、直接窓口に紙媒体での申請となる。

令和2年1月27日第3242号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ