建設業は募集要件緩和して 大宮職安・セミナー

2017.12.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉・ハローワーク大宮は人手不足が深刻な建設業の事業主を対象としたセミナーを開催した=写真

 就職支援コーディネーターが求職者の動向を踏まえた対策を解説。同ハローワークの今年7~9月の新規求職者8909人のうち、建設業の希望者は97人(1.1%)しかいなかったことから「関心はあるけれど、一歩踏み出せない人をどう引き寄せるかがポイント」とした。

 具体的には、資格要件の緩和や日給月給制を月給制にするなど労働条件の充実、求人票に仕事内容を詳しく記載するなどが必要としている。

平成29年12月18日第3141号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ