荷主つなぎ共同輸送 “定期便”化し負担減 JPRと食品2社

2020.01.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本パレットレンタル㈱(東京都千代田区。以下JPR)は、エバラ食品工業㈱(エバラ食品)、サッポロホールディングス㈱(サッポロHD)とともに岡山エリア~大分・福岡エリア間の共同輸送を開始した。従来は各社がそれぞれ片道輸送を手配していたが、3つのルートをまとめることで空車区間を減らし、実車率99%を実現した。スケジュールや車両(10トン車)の固定化で…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年1月13日第3240号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ