バイトの雇止め無効 ジャパンレンタカーに22年も 津地裁判決

2016.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ジャパンレンタカー㈱(愛知県名古屋市)を雇止めされたアルバイトの労働者が取消しを求めた訴訟で、津地方裁判所は、無効とする判決を下した。

 原告の労働者は、平成4年から同社でアルバイトとして勤務、26年に病院で過労や軽度のうつと診断され休職した。復職後、自宅待機を命じられ、後に雇止めされた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年11月21日第3089号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ