シニア活躍支援 企業価値向上を JEED

2019.12.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、生涯現役社会に向けたシンポジウムを開いた。

 化粧品製造販売業の㈱ポーラ(東京都品川区)は、シニア活躍支援の事例発表を行った。同社は定年延長ではなく、1年ごとの契約更新制度を導入。60歳以降は毎年評価することで、それぞれの期待役割に基づいて処遇を決定し、モチベーションを向上させている。

 登壇した同社経営企画部の佐藤幸子マネージャーは、「60歳以上の社員が長年培った経験や能力を発揮し働いている。一人ひとりの価値が上がれば企業価値も上がる」と話した(写真)。

 幅広い年齢層の従業員や個人事業主を抱えており、90歳代も300人以上在籍している。最高齢は、99歳の美容部員。

令和元年12月2日第3235号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ