【今週の視点】被災した労働者の心をケア 労災支給件数が多く

2019.12.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

対応誤ると職場に不信感

 精神障害の労災補償状況で支給決定件数をみると「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」の項目は3番目となっている。一方で、被災者の心のケアをする体制を整えている企業は多くない。対応を誤ると労働者間の不信感や生産性低下を招くことになるが、事業主、管理監督者が適正に対応することで、安心感、信頼感を醸成し士気の高い職場をつくることができる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年12月2日第3235号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ