渋谷区が公契約条例 国分寺市でも可決成立

2012.07.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 自治体発注の工事などを受注した業者に一定額以上の賃金の支払いを義務付ける公契約条例が東京都渋谷区と国分寺市で相次いで可決成立した。渋谷区は来年1月、国分寺市は6カ月以内に施行する予定である。東京都では今年4月から多摩市が同様の条例を施行している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年7月9日第2880号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ