余裕もって良い仕事を 福岡県社労士会

2012.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福岡県社会保険労務士会(帆士宣洋会長)は、会員向けに「1000万円獲得塾」を開講した。企業経営にかかわる社労士の業務領域を発展させることで、社労士一人ひとりの財政基盤の底上げにつなげ「余裕をもって良い仕事ができる」環境作りをめざす。

 帆士会長が就任時に掲げたマニフェストの「遊べる社労士を増やす」という項目の具体化で、今後中堅会員を中心とする講師陣が自らの得意分野の実務や体験談を講義する予定。年収1000万円を実現できる行動指針・動機付けを養う。

 初回は帆士会長が「賃金(コンサルタント)で1000万円」や「意識変容」をテーマに講義を行っている=写真

関連キーワード:
平成24年6月18日第2877号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ