中小企業の声国政に 人材オールジャパン発足

2012.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般財団法人日本政策学校(金野索一代表理事)と㈱ブレインコンサルティングオフィス(北村庄吾代表)は、官民産業研究会「人材オールジャパン」の発足を記念し、講演会を開催した=写真。中小企業の人事を取り巻く情勢が厳しい局面を迎えているとの認識から、法改正をはじめとする国の政策に中小経営者の声を反映させていくのが狙いだ。

 講演会では、同研究会のコーディネーターを務めるブレインコンサルティングオフィスの北村代表が、社会保険料の負担増など中小企業の実態に合っていない法制度・法改正が多いと指摘。もっといろんな声を上げていく必要があるとした。

関連キーワード:
平成24年6月11日第2876号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ