役員向け試験を強化 改善基準告示も出題 貸切バス 国交省

2012.05.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省の有識者会議「バス事業のあり方検討会」(座長・竹内健蔵東京女子大教授)は、貸切バスの安全運行の確保などに向けた報告書を取りまとめた。事業者における法令順守体制を徹底するため、事業許可時に行っている役員向け法令試験の厳格化や運行管理者制度の見直し、デジタル式運行記録計(タコグラフ)装着の義務付けなどを提言した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月7日第2871号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ